セラピールームオーブはお陰様で10周年 あなたの変わりたい!を応援します! そこにいるだけで愛を放ち癒しを起こすヒーラーとなる。笑顔の輪、幸せの輪を広げよう!
セラピールームオーブ公式ホームページ

美咲りおBlog

オーブBlog

ヒーリングカレッジオーブBlog

ヒーリングカレッジオーブ公式ホームページ

メルマガ登録解除

 

 

Q&A~よくあるご質問~

勇気を出して

新たな一歩を踏み出してみたら

新しい世界が見えてきます!!


初めてのところへ、初めての人と逢って、初めてのセラピーを受ける。

人によってはとっても勇気がいることかも知れませんね。

そんな不安を少しでも解消して

毎日をより一層気持ちよく過していくための初めの一歩を

少しでも踏み出しやすくなって頂けたら幸いです。


多次元・統合退行セラピー Q&A ~ よくあるご質問 ~

      【前世療法・インナーチャイルド・ヒプノセラピー】

 

Q:多次元・統合退行セラピーとヒプノセラピーの違いはなんですか?

A:オーブで行う統合退行セラピーでは、ヒプノセラピー(催眠療法)の手法も使いながら他の様々な手法を使ってセラピー(療法)を進めていきます。

大きな違いとしては2つあり、1つ目は、「エネルギーを下げ過ぎない」ということです。

もう1つは、「暗示は入れない」ということです。

 

Q:子供(パートナーや家族など)が入院中なのですが、私が代わりにセラピーを受けることでよくなりますか?

A:はい、可能です。基本的にはご自身が受けられることが何よりも望ましいのですが    ご本人が何かしらの理由でセラピーを受けることが出来ない場合、ご家族など    繋がりの強い方が代理で受ける、「遠隔セラピー」が可能です。

また、セラピーではご自身の癒しを進めることで周りの家族も変化していくことはございます。 例えば、奥様がセラピーなどにより癒しを進めていくと、ご主人も変化していくことがよくあります。それはご家族は繋がりが強いのでご自分自身が変化して波動が上がっていくとご家族やパートナーなど繋がりの強い人たちも一緒に波動が上がっていくからです。

 

Q:どの位のペースで通った方がいいですか?

A:その方の抱えている問題や状況などによりますが、1セッションで多くの解放と癒しがありますが数回のセッションが必要な場合は、ご自身の中で変化を消化、定着するために1,2週間位開けて頂くとよろしいかと想います。ご自身の中で、その問題について 『すっかり癒された、気にならなくなった』 と感じたら終了されるタイミングですね。 個人差がございますので、セッション終了後などにお気軽にご相談ください。

 

Q:何回くらい通う必要がありますか?

A:その方の抱えている問題や状況などにより様々です。1つの問題に1セッションしか必要ないケースもございますし、いくつもの問題が絡み合っていて数回のセッションが必要な場合もございます。目安として大雑把にいうと、1~3回位受けられる方が一番多いです。個人差がございますので、セッション終了後にお気軽にご相談ください。

 

Q:どんな人が受けるんですか?

A:本当に様々です。年齢的には20代~60代まで(10代、70代の方も)、男性、女性共にいらっしゃいます。ご職業も会社員の方から、自営業、経営者、主婦の方や独立をされた方など様々です。

また、取り扱うテーマとしては、漠然とした不安感、焦燥感、今世の親との関係やパートナーシップ、その他 人間関係仕事やお金の問題、また肉体的トラウマや不調和の解消、漠然とした自分の存在への不安や今世の目的、シンプルに過去世への興味など・・・本当に様々です。

今の自分自身を癒したい方はもちろん、今よりもっと自分の人生をステップアップさせたい方など今がどんな状況であっても、より一層幸せになるために”今の自分を変えたい”という方でしたらどんなテーマでも扱うことはできます。

『こんな相談はセラピーでどうなのかな・・』と想うようなことでも、遠慮なくご相談ください。

 

Q:催眠中意識がなくなってコントロールされてしまうんでしょうか?

A:今の自分の意識が、全くなくなることはありませんのでセラピー中でもセラピストが何を言っているのかもきちんとわかります。また、ご自分が話したくないこと、やりたくないことはしませんし、もちろん「NO」と言うこともできますのでご安心くださいね。

 

Q:ヒプノセラピーは安全なセラピーでしょうか?

A:ヒプノセラピーは副作用のないナチュラルなセラピーです。ヒプノセラピーで体感するアルファー波状態とは、誰もが日々の生活の中で自覚することもないほど自然に毎日繰り返している意識状態です。この意識状態は心と身体の緊張が緩み心地よい気分になるだけでなくイメージがわきやすく、潜在意識に有効に働きかけることができる状態になります。ヒプノセラピーは目的をもって意図的にこの意識状態へ誘導し、潜在意識の内側へ効果的に働きかけます。

 

Q:私は催眠にかかり難いと思うのですが、催眠って誰でもできるんでしょうか?

A:はい。どなたでも可能です。初めてでもスムーズに進む方と、慎重に進む方、抵抗が出る方など個人差はございますが、殆どの方が誘導により催眠状態に入られます。

また、セッションに入る前にスムーズに体験に入れるようにいくつかのコツをお伝えし、環境も整えて誘導していきますのでご本人の意思で頑なに抵抗されない限りこのリラックスした状態に入っていきますのでご安心ください。

ご本人の「変わっていきたい」というお気持ちと、セラピストとの信頼関係がきちんと築かれていれば、とても自然に催眠状態に入り、癒しは起こっていきます。

 

Q:以前、ピプノセラピーを受けたのですがイメージが見えなくて、そのセラピストの方に「あなたは催眠にかかり難いですね」って言われたのですが大丈夫でしょうか?

A:セラピーは“催眠術”ではないので、“かかりやすい”“かかりにくい”というものはありません。ただ、催眠状態に入ってはっきりしたイメージ画像(ビジュアル)として見られる方もいらっしゃいますし、感覚(フィーリング)として感じられる方もいらっしゃいます。それはどちらでも同じ癒し効果がありますので「イメージ画像」に拘らなくても大丈夫ですのでご安心ください。

オーブでは、「他のサロンで入れなかった」という方も、とてもスムーズに入っていかれ   1セッションでも大きな解放と癒し、気付きをお持ち帰りされています。

 

Q:催眠から覚めないことはありますか?

A:催眠から戻る誘導を致しますので「覚めない」ということはございませんのでご安心ください。また催眠状態(脳がα波状態)は特別な状態ではなく、お風呂に入ったり、   日向ぼっこをしたりなど、とてもリラックスしている状態と同じような感じです。ボーっとしている時に友達に声をかけられると意識が戻ってくる・・・そのような感じです。

 

Q:今、病院に通っていますがセラピーは受けれますか?

A:お身体や心のことで、現在通院、またはお薬を服用されている場合など気になることがございましたら、セッションの内容やセッションの進め方などご相談させて頂きますので事前にお知らせください。

心療内科などに通院中の方でも、「うつ気味」などのケースではご予約をお受けできることもございます。病院の治療は続けて頂きながら、セラピーでできるサポートをさせて戴きます。

「うつ病」「統合失調症」など(一概に病名だけで判断は難しいのですが)の場合は、セラピーでは自分自身の感情と向き合って感じていくワークとなりますので、混乱されることがないよう病院での治療に専念されることをお勧め致します。

 

Q:付き添いはできますか?

A:カウンセリングやセラピーに集中して頂くためにも付き添いの方の同席やお子様の 同伴はご遠慮頂いております。

尚、待合室等はございませんのでご了承ください。

 

Q:セラピーを受けるのに気をつけることはありますか?

A:フラワーエッセンスやポマンダー、クイントエッセンスなど、エネルギーに働きかけるものはセッション当日のご使用はご遠慮戴いた方がよろしいかと想います。但し、「使用しないと電車に乗れない」などの理由がある場合はいつも通りご使用くださいませ。

尚、病院で出されたお薬などの服用は医師の指示通り服用されてください。

 

※守秘義務によりカウンセリングやセラピーの内容は無断で第三者に公開されることはございませんのでどのような内容も安心してお話くださいませ。


ヒーリング Q&A ~ よくあるご質問 ~

レイキ伝授(セミナー) Q&A ~ よくあるご質問 ~ 

ヒーリングセミナー Q&A ~ よくあるご質問 ~

▲このページのトップに戻る




Copyright©2006-2017 Healing Callage Aube Allright reserved.

※当サイトから文章、画像のコピー及び、無断転載を禁じます。